top of page

トランペットなど金管マウスピースへの樹脂加工

金管楽器奏者の頭の片隅に常にあるモヤモヤ…金属アレルギーになったらどうしよう。

あなたは金属アレルギーですか?

それとも、幸運にもまだ発症していない方ですか?

金属アレルギーが発症する可能性はどなたにでもあります。

そして一度発症してしまったら…一生付き合っていかなければいけないのです。

手がカサカサする、唇が荒れてしまう、皮が剥けてしまう…マウスピースが触れる口周りは敏感な分、特に症状が出やすい部位です。

今までに幾つかの対策品がありました。

イオンプレーティング、樹脂リム、木製マウスピース…

しかしそれらにはデメリットももちろんあります。

高い!音質が違う!形が違う!

それを克服したのがReST-M2です。

ごく薄い樹脂によって金属製マウスピースをコーティングすることで皮膚との間に物理的なバリアが生まれます。

また樹脂リムなどと違い中身は金属そのままですので、音質など損なわずに加工が可能です。

またリーズナブルな価格で提供しておりますので、学生様でも安心です。

ぜひご検討ください!

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新商品を追加しました!

カスタムパーツの新商品を追加しました。 ・Schilke用各種バルブガイド ・Schilke用チタン製ピストンボタン2種 ・Bach用チタン製バルブステム などなど・・・ Schilke用のピストンボタンは純チタンとチタン64合金の2種類がございます。 64合金のほうがやや抵抗感があり、ギュンと突き抜ける感じの音を持っています。 また、チタン製バルブステムも好評です。 純正のアルミと真鍮のものの中

Comentários


bottom of page